まなっちょの「まぁ、こんなもんでしょ」
愛犬「はな」の事と作ったもの食べたもの
08 | 2007/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前仕事中に作ったアイコン
空き時間に古いフロッピーを開いて見てたら
こんなん出てきました。
20070926161803.jpg
たぶんお昼に近い時間のお腹減ってた時に
ぽちぽちドットを打って作ったんじゃなかったかなぁ。

その小さいバージョン
20070926161818.jpg

さらに上から見たバージョン
20070926161826.jpg
なんか一気に書いたような記憶が・・・
しかし仕事中に何やってんでしょーね^^;

でも仕事中にコッソリやるのが一番能率が良かったりして。




スポンサーサイト

テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

もうすでに
やっと香川旅行の記事をまとめたところで
もう、うどんが食べたくなったよ・・・

さすがにまたすぐに香川へ!って訳にはいかないので
しばらくは武蔵野うどんや吉田うどんあたりで計画立てて我慢かなぁ。

や、武蔵野や吉田うどんも讃岐うどんにはない個性があっておいしいんだから。

水沢や稲庭、桐生に加須うどん、名古屋の味噌煮込みも食べたいぞー!

・・・まだまだ行きたい所沢山あるじゃん。


香川うどん巡り 三日目(最終日)
いよいよ香川滞在も最終日になりました。
二泊三日なんてあっという間です。
しかも今日は昼過ぎには空港へ移動しなければならないので
非常に忙しない感じです。

昨日の金毘羅詣出の疲れが残り(運動不足を痛感)
ホテルのチェックアウトぎりぎりまでゴロゴロしていました。

本日まず目指すのは竹清、揚げたての天ぷらが評判のお店です。

竹清は私が泊まっていたホテルから近いようだったので
道順を暗記し、荷物を持ってホテルを後にしました。

香川滞在中は非常にいいお天気に恵まれ
暑いながらも湿度が低くてカラッとしていたのですが
この最終日は暑い上にジメっとして、ほんのちょっと歩いただけで汗だくになりました。

竹清の前までくると、店は開いているものの暖簾が出ておらず
店内の電気もついていません。
店先で天ぷらを揚げていたおばちゃんに開店時間を聞いたところ
私は一時間勘違いをしていたようで開店は11時とのこと。
さすがにその場で一時間待つのもどうかと思ったので
取りあえず今日散策することにしている栗林公園まで移動して、
荷物をコインロッカーに預けることにしました。

栗林公園北口駅の高架まで来た時にとうとう雨に降られてしまいました。
結構勢いよく振り出したので、携帯していた折り畳み傘では荷物が濡れてしまうと思ったので
そのままその高架下でしばらく雨宿りをしながら
地図を見て計画の変更をするべきか考えていました。

蒸し暑い中、何も食べずに荷物を持って歩き
前日の金毘羅詣出でふくらはぎが筋肉痛になっていたこともあり
この時点でかなりくたびれていたので竹清はスルーして
違うお店に行くことも考えたのですが
やはりどうしても竹清の天ぷらが食べてみたい、それも半熟卵天!
確実に食べるにはなるべく早くお店に行かなければなりません。
運のいいことに間もなく雨は小降りになり
どうにか栗林公園のコインロッカーへ荷物を預けることができました。

荷物を預けて身軽になり、急いで竹清に戻ったのは11時10分頃。
もうすでに店内は人でいっぱい、外には10人くらいの行列ができていました。

待っている間、店先で天ぷらを揚げている様子を見ていたのですが
手際よく次々に揚げて行くのを見ていると飽きません。

店内に入るとまず天ぷらがズラッと並んでいて
この旅行でうどんの数をこなすために、ほとんど天ぷら類を食べていなかったので
思わず3つお皿にのせていました。
半熟卵天、ゲソ天にエビ天♪
かけうどん(1玉)をもらい、しめて440円也。
kagawa55.jpg
天ぷらは揚げたてでサクサクなのは言うまでもなく、
うどんの方もコシがあり、おダシもとってもおいしいうどんでした。

しかーも、卵はちゃんと半熟ですよ!
kagawa56.jpg
これがまた、卵の黄身とダシが絡まったうどんを口に入れた日にゃ
もう幸せ~~~。
ほんとに、ほんとに近所にこんなお店が欲しいですよ。
そしたら毎日通い詰めちゃいますね。

うどんをもう一杯に天ぷらをもう2~3個食べたかったけど
さすがにカロリー的にやばいし、なによりそれはさすがに恥ずかしいので
ごちそうさまを言ってお店を後に。
天ぷらを揚げていたおばちゃんの笑顔も最高でした。

天ぷらを食べたせいかさすがにすぐに次の店へ、と言う気分にはならず
ふたたび栗林公園へ戻り散策をすることにしました。

この公園は元々、讃岐高松藩主の下屋敷だったそうで
趣のあるすばらしい公園だったのですが
この日は雨が降ったり止んだりで、本当に残念でした。

素敵なお庭だったのにいい写真がほとんどありません・・・
kagawa57.jpg

kagawa58.jpg

あいにくな天気で非常に蒸し暑く、前日の疲れも残っていてくたびれてしまい
結局この後は他のうどん屋さんに行くこともせず
栗林公園のベンチに腰掛けて時間を過ごしてしまいました。

最終日がちょっとあんまりな内容になってしまい
帰りの機内で、香川県内の観光地ももっと見たかったし
うどんももっと食べたかったことを考えていたら
「また来年も香川旅行すっか?」
と言う気持ちになってしまいました。(かなりその気です)

ブームのうどんだけではなく、きれいな空気やおいしい水
のどかな景色に癒された旅でした。




香川うどん巡り 第二日目
香川滞在の二日目です。
今日はまず一日10杯限定の角煮うどんをいただこうと決めていました。

その店は平日6時開店の店なので、なるべく早起きして向おうと思っていたのに
結局8時まで寝てしまい、ホテルを出たのは8時半を回っていました。

「こりゃ角煮うどん売り切れてるかもなぁ。無かったら肉うどんにしようかな。」
などと考えながら電車に乗り込み琴電の仏生山を目指します。
レンタカーで行動するのは初日だけだったので、今日は公共機関を利用しての移動です。

「うどんの田」は新しくできた空港通り駅からのほうが近いようなのですが
乗り込んだのが一つ手前の仏生山までしか行かない電車だったので
仏生山で降りて歩くことにしました。

仏生山駅から目的地へ向う道中には農業試験場の試験用の水田が広がっていて
虫の音に包まれてとてもいい気分です。

ほどなく目的のお店に到着。
しかし扉は閉まっていて、ひっそりとしています。
「一応暖簾が出てるからなぁ・・・」
と、扉に手をかけた瞬間にガーッと開き、中から若奥さんと思われる人が出てきました。

目が合うと
「あ、食べますか? ちょっとお待ちいただくことになりますけど。
 5分?10分?? あー、13分ね」
と、奥にいた若旦那に待ち時間を聞いてくれ
待つ事を告げると中へ通してくれました。

お店はどうやら一息ついていたところのようで
店内の照明は落とされていて、若旦那は客席でうどんをすすっていたようでした。

平日でもちょっと遅く行くと売り切れになってしまうらしい角煮うどん、
運がいいことに今日はまだあるとのことで
すかさず注文し、待つ間壁に貼られた沢山のイラストを見て時間を過ごします。

そして出来上がったのが、コレ!
kagawa31.jpg
角煮うどん(小) 320円也。

もうね、自分の家の近所じゃ絶対にこの値段じゃ食べられませんよ。
もっとも角煮うどんは全く採算が取れないために、
サービスとして一日数量限定で置いてるそうです。
それにしても他のメニューだって充分安いんだから!
香川に来て何度こういうお店が近所に欲しい!と思ったことか・・・

肝心のうどんですが、ちょうどお客さんの谷間だったこともあり
注文してからうどんを茹で始めたので茹でたてで、
柔らかい中にもコシがあり、ちょっと甘めのダシと角煮が良く合っていておいしかったです。

角煮もそんなに濃い色をしてるわけではないのに
味がよく染みていて、口に入れるとホロホロと簡単にほぐれるほど柔らかく煮あがってました。

あったかいうどんをいただき体もあったまり
程よくお腹いっぱいになって店を後に。
外に出たら若旦那が店先に水撒きをしていて
「お待たせしました、ありがとうございましたっ!」
と威勢良く挨拶してくれました。

帰りは空港通り駅から琴電に乗り高松築港に移動です。
kagawa32.jpg
電車の一番先頭に陣取って車窓の景色をパチリ。
高松築港からはJRに乗り換えて坂出を目指します。

kagawa33.jpg
途中の景色を撮影しながら電車に揺られ11時半ちょうど位に坂出に到着しました。

坂出での目的地は「日の出製麺所」。一日一時間しか営業しないお店です。
今回の香川旅行でどーしても来てみたかったお店なのです。
kagawa34.jpg
11時半をちょっと回ったくらいでお店に辿り着くと、店先にはすでに数人が並んでいました。
その列に並び中をのぞいてみると、
狭い店内は食べるお客さんと持ち帰りのお客さんでいっぱいでした。

大体5分くらい待って中に通され、ぬるいのの小(100円)を頼み
さらに待つ事5分、出てきたのがコレ!
kagawa35.jpg
見るからにおいしそうな麺に、自然と顔がニヤニヤしちゃいましたよ!
これにお好みでテーブルに置かれたダシや醤油、天カスなどを乗せ
ラップで包まれた葱をキッチンバサミで好きなだけカットして乗せて、いざ!

あああああ、しあわせぇ~~~~♪

香川に来て食べた中で一番のコシと喉越しに顔のニヤニヤが止まらず
あっと言う間に完食です。

こんなに美味しいものを一杯だけなんてもったいない!ってことで
おかわりに今度は冷たいのの(小)をお願いしました。
kagawa36.jpg
冷たいのの方はまるでうどんの刺身です。
ぬるいのより締まってる分コシも強くて弾力もあります。
こちらもツルツルとあっという間に完食してしまいました。

ぬるいの冷たいのも(小)はどちらも100円です。
こんなにおいしいのに安すぎるー! ありがたや。

あまりのおいしさに、実家や友人へのお土産のうどんもここで購入。
4人前で500円を5つ。
安ーいけど、重量感はバッチリです。
この後は金毘羅さんを登る予定で、さすがにこの荷物を持ったままでは登れないので
琴平駅に着いたらまずコインロッカー探しです。

琴電琴平駅にコインロッカーがあり、帰りは琴電を利用することもあり
そのロッカーに荷物を預け、いざ金毘羅さんへ。

日ごろの運動不足を考え登りきれるか不安になりながらも
せっかく来たんだからと思いゆっくり登り始めます。

どこかで杖があったほうが登り易いと聞いた覚えがあったので
途中のお土産屋さんの店先に置いてある杖を借りて
エッチラオッチラゆっくりゆっくり登っていると
横を時代劇に出てくるような籠が追い越していきます。

金毘羅さんには籠屋さんがいて
途中まではその籠で登ることもできますが
結構なお値段がするのと、さすがに私が乗ったんじゃ
いくら商売とはいえ籠屋さんが気の毒なので利用する気にはなれません。
ビジュアル的に籠は大人気で、
ツアー客や修学旅行生達が盛んに写真を撮っていました。
私は・・・自分が登るだけで余裕がなく撮り忘れ・・・

kagawa38.jpg
300段くらい(だったかな?)登ると少し平坦な場所に出ます。
しかし侮る事無かれ、この後がまだまだ長いのです。

傘を差して参道に座っているのは加美代飴(かみよあめ)を売る
五人百姓と呼ばれる人達です。
古くから金毘羅さんに奉仕している家の人達なのだそうです。

ゆっくりゆっくり時間をかけて登っているのですが
金毘羅さんはあまりアップダウンがなくひたすら上を目指して登るので
以前江ノ島へ行った時よりは幾分楽な気がしました。

が、旭社を通り過ぎたところで愕然。
あとちょっとで本宮だと言うところでとどめと言わんばかりの急坂がっ!
kagawa41.jpg
「ここへ来てこんな急坂かいっ!」
と、心の中でつぶやきながら仕方なく最後の力を振り絞って一歩一歩登っていくと
kagawa42.jpg
やっと本宮へ到着。ベンチに座り込んでしばらく動けませんでした^^;
それでも登ってきた甲斐があり、風が心地よく展望台からの景色もすばらしいものでした。
kagawa43_44.jpg
「ここまで登ってきて良かったー♪」
と、しみじみ思ったもののその先の奥社まで行く気力はもうありません。
「奥社はいつか再訪した時に・・・」
と、心の中で言い訳して本宮を後にすることにしました。

登っている途中で杖はなくて良さそうな気になったのですが
杖は行きよりも帰りにありがたい存在でした。
kagawa46.jpg
参道にはほとんど手すりがない上に、石段は風雨にさらされた分と
沢山の人達の上り下りで角が取れていてツルツルしています。
すでに筋肉痛確定のガクガクする足では下るのも容易ではない感じで
うっかりすると転げ落ちるのではないかと思えたからです。

杖の有り難味を感じながら、どうにか転げ落ちずに
杖を借りたお土産屋さんまで辿りつき
会社へのお土産にこんぴら饅頭を買いました。
(杖の貸し出しはお土産購入のサービスとのことなので)

もうここまで下りてきてしまえば怖いもの無し。
参道の途中のたばこ屋さんの店先で店番をしていたワンちゃんを記念撮影。
kagawa49.jpg
大人しい子たちでした。

そして参道で「マルキン醤油」のしょうゆソフトのノボリが目に入ったので
どんなもんんだろう?と食べてみる事に。
kagawa50.jpg
見た目カフェ・オレのような色で
食べてみるとかすかに醤油の風味がするものの
塩辛さを感じる事も無く、割合さっぱりとした後味のソフトクリームでした。
うーん、おいしかった♪

帰りは琴電を利用することにしていたので、預けていた荷物をコインロッカーから出し
電車に乗るためにホームへ行くと電車のボディにイルカのイラストがペイントされていました。
kagawa51.jpg
これはIruCaと言う、こちらで言うところのsuicaやPASMOのようなICカードのキャラクターです。
kagawa52.jpg
かなり気に入ったのですが、写真だけとってスルーしてしまい
こちらに帰ってきてから
「記念にカード購入しちゃえばよかったー!」
と後悔してしまいました。

さて、瓦町まで戻ってきたあたりでお腹がすきました。
二日間うどん以外のものを食べていなかったので
夕食はちょっと違うものを・・・
kagawa54.jpg
一鶴の骨付き鳥のひなどりと鳥めしです。
ここもテレビで見て(でぶやだったりする)行ってみたかったお店なのです。

スパイシーな味付けで、外は香ばしくて中はジューシー
皮はパリパリでサイコー!
私は鳥皮のふにゃふにゃしたのは嫌いなのですが
鳥めしについてきたお吸い物に入っていた鳥皮はめっちゃおいしかった。
余計な脂身は全然ついてなくてプルプルしてやわらかーくて
「(鳥皮)もっと食べたーい」
と思ったほどでした。

本当はこの後すこし時間を置いてから
深夜3時まで営業している店にカレーうどんを食べに行くつもりでしたが
お腹一杯だったのと、金毘羅さんを登って疲れてしまったのでカレーうどんは断念。

明日の最終日に回る店をガイドブックで確認して就寝したのでした。


テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

香川うどん巡り 第一日目
定刻に高松に到着し、いよいようどん巡りの始まりです。
kagawa10.jpg
高松駅前でレンタカーを借り、いざ『山越うどん』を目指します。

レンタカーのナビに電話番号を入力すれば一発設定終了。
ただナビは有料道路を優先検索するので、一般道で修正し直します。

kagawa11.jpg
9時ちょうど位に山越に到着し、早速店内へ。
さすがに平日なので行列はできていませんでしたが、すでに数組のお客さんがうどんをすすっていました。
この後数件回る予定なので、天ぷら類もとてもおいしそうだったのですが
ぐっと我慢して「釜たま(小)」を注文。150円也。
kagawa12.jpg
丼を持って広い庭園風の席に移動し、かまたま専用のダシをかけていただきます。

んまぁ~い!
期待どおりの味とコシ。ここまで来てよかったぁ!
ただ写真で見てわかるとおり、小だとちょっと割合として卵が多い感じです。
大の2玉だと多分カルボナーラ状になるんじゃないかな?
ペロッと完食して次の店に移動です。
kagawa13.jpg
あまりにのどかな風景で山越の駐車場前の水田を思わずパチリ。
赤とんぼが飛び交い、近くを車が通らなければ虫の音しかしない静かな場所でした。

予定では二件目は「なかむら」を予定していたのですが
mixiの讃岐うどんコミュで10~14日まで休業と言う情報があったので
そのまま「谷川米穀店」に移動しようかと思ったのですが
ナビで検索すると10時そこそこに到着してしまうようだったので
11時開店の店に10時到着じゃ早すぎだろぉ?と思い
急遽「やまうち」に行くことにしました。

「やまうち」も見つけにくい店に分類されていたと思うのですが
ナビのおかげでスイスイ移動できます。
それでも一瞬「ほんとにこんな処にあるの??」と思わせるような急坂を上ると
ポッカリと店が現れます。
kagawa14.jpg
10時ちょうど頃に到着したものの、店の前はひっそりしていて
「たしか9時開店だよなぁ。まさか休みじゃ・・・」
と心配になるものの、暖簾が出ているのでちょっとドキドキしながら扉に手をかけ中へ。

しかし心配は無用のもので、こちらも数組のお客さんがうどんをすすっていました。
こちらでは「ひやあつ(小)」200円也を注文し、
やっぱりおいしそうな天ぷらを我慢して席につきました。
kagawa15.jpg
まずはダシを一口。軽く衝撃をおぼえましたよ!
関東では考えられない程の薄い色のおダシなのですが
イリコが効いててものすごくおいしい!!
新宿麺通団で初めてイリコダシを味わったときにもびっくりしたけれど
比較にならないほどです。
kagawa16.jpg
手打ちの証か、所々麺の太さが違うのはご愛嬌。
おいしいダシに満足して店を出ました。
kagawa17.jpg
そういえばこの店は薪でうどんを茹でるので有名だったなぁと思い薪置き場も記念にパチリ。
続いて本日三件目の「谷川米穀店」に向かいます。

谷川米穀店には11時5分前に到着したのですが、すでに行列ができていました。
先の山越やなかむらで行列に遭遇しなかったので
ここも大丈夫だろうと高をくくっていたのでした。
駐車場もすでにいっぱいで駐車することができず、数台の車が路駐していたので
一瞬自分も路駐してしまおうかと思ってしまったのですが
思い直してちょっと離れたビレッジ美合館の駐車場に停めさせてもらうことにしました。
歩いて谷川米穀店まで戻ってくると行列はさらに長くなっていました。
kagawa18.jpg
そして炎天下の中待つこと約30分やっと店内に到達。
ここでは「あつい(小)」105円を注文。
kagawa20.jpg
ねぎ、自家製青唐辛子の佃煮をのせ、醤油とお酢を回しかけていただきます。
噂には聞いていましたが、お醤油とお酢で食べるうどんがこんなにおいしいとは思いませんでした!
うどんの湯気とお酢のせいでむせそうになりながらも
あっという間にどんぶりが空になり、思わずおかわり。
今度は「つめたい(小)」105円をお願いしました。

どちらもすばらしいコシとのど越しで非常においしいうどんだったのですが
如何せんお客さんが多すぎで、それを捌くお店の人は少々殺気立っているようで
ゆっくり味わうことができなかったのが残念でした。w

谷川で予定外のおかわりをしてしまい
ビレッジ美合館の駐車場に車を停めさせてもらったこともあり
腹ごなしを兼ねて日帰り入浴をすることに。
ビレッジ美合館に一時間ほど滞在した後に琴弾公園めざして出発です。

琴弾公園の銭形の砂絵を一度見てみたくて向かったのですが
ナビがうまいこと誘導してくれなくて、展望台下の駐車場に車を停めることに。
後でわかったのですが、展望台のすぐ横にも駐車場があり
そこに停めることができれば坂を登らずに済んだのですが
この時点ではまだ気はついていなくて、仕方なくうっそうとした坂を上りはじめました。
kagawa22.jpg
黙々と階段を登っていると、なにやら人の話し声のようなものが聞こえます。
自分に続いてどこかの旅行者が登ってきているのかと思い目をこらしても
あたりには誰もいません。
気のせいかと思い再び登り始めるとやはり話し声のようなものが・・・
kagawa23.jpg
振り返ってみても誰もいません。
なんだか段々怖くなってきてビクビクしながら歩いていると
頭の上で「コツコツコツ」と音がします。
音がするほうを見てみると、キツツキが木をつついていたのです。

そこで謎が解けました。
人の話し声のように聞こえたのは、カラスの独り言(?)で
足音のように聞こえたのはキツツキが木をつつく音。
その他に木の葉や枯れ枝が落ちてくる音などが合わさって
まるで誰かがいるような音になっていたのでした。

音の正体がわかると、あんなに不安だった気持ちがすっかりどこかへ行ってしまい
むしろそういった自然の作り出す音が楽しくなってきたのでした。

なかなか急な階段を登りやっと展望台へ到着。
kagawa24.jpg
そこにはすばらしい景色が広がっていました。
この砂絵は江戸時代に領主が視察に来ることを知った土地の人達が
領主を喜ばそうとしてたったニ夜の間に作り上げたのだそうです。
それを現代まで保存したものだと言うことです。

銭形の砂絵を鑑賞して、いい具合にお腹もこなれた様なので次の店に向います。

そのお店はお餅屋さんなのですが、うどんも出してるお店で
変わったところで「雑煮うどん」というものを出しています。
香川のお雑煮は白味噌ベースに大根や人参と共に餡餅を入れるそうなのですが
このお店では10~3月の間には白味噌ベースの餅入りうどんも出してるそうです。
生憎今の時期は白味噌ベースのうどんはやっていないので
普通の「あん雑煮うどん」を食べることに決めていたのです。

「本場かなくま餅 福田」 あん雑煮うどん 441円。
kagawa25.jpg
澄んだおダシに餡入りのお餅が二個入ってます。
kagawa26.jpg
ちゃーんとアンコ入ってます。 これの他にも「雑煮うどん」があって、
そちらはアンコの入ってない白餅になってます。
お餅屋さんの餅だけあってとてもおいしいお餅で、意外にペロッと食べられました。
お会計の時に1円おまけしてくれました。

そして、いよいよお腹に余裕が無くなってきた所で本日最後の店へ。
それはなんとコンビニのローソンです!
kagawa27.jpg
なんとここにはイートインコーナーがあり、うどんを食べることができるのです。
kagawa28.jpg
メニューも意外に充実しています。

「ローソン買田店」 かけうどん+えび天ぷら 320円
kagawa29.jpg
これが中々侮れません。
おそらく冷凍麺だと思うのですが、
こちらのスタンドで食べるうどんなんかより遥かにおいしいうどんでした。
さすがにうどんの国だけあります。
kagawa30.jpg
看板にもちゃんと「讃岐うどん」の文字がw

さすがにお腹いっぱい、時間もいい時間になったので
高松に向かいレンタカーを返却してホテルにチャックインします。
明日は公共機関を使ってのうどん巡りになります。

トータル6杯良く食べたもんです・・・



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

サンライズ瀬戸に乗って香川へGO!
東京発22時のサンライズ瀬戸に乗って高松を目指します。

まずはこの旅のお供に購入した『極附弁当』を携えて
1号車シングル22号室に向かいます。
目指す部屋を見つけ、扉を開けるとコンパクトにまとまった空間が現れます。
kagawa01.jpg
決して広くは無いその部屋は、案外落ち着く空間で
これからの旅がますます楽しみになるものでした。

定刻の22時に東京駅を発車し、程なくして車掌さんが検札に現れたので
シャワーカードを購入しました。
この列車はシャワー室がついているので、これでさっぱりして旅を楽しむことができます。

まずは腹ごしらえをしようと極附弁当を食べていると
「3号車シャワー室に急行してください。」
と言うアナウンスが流れ、誰かお客さんが具合悪くなったのかと思っていました。

腹ごしらえも済み、一息ついたところでシャワーを浴びてさっぱりしようと思い
3号車のシャワー室に向かうとなにやら張り紙が・・・
「故障の為使用できません。4号車のシャワー室をご利用ください。」
とのこと。

「さっきのアナウンスはこのことだったんだぁ」
などと思いながら4号車に移動しさっそくシャワーを使います。
kagawa06.jpg
購入したカードを脱衣所のパネルに差し込むとトータルで6分間お湯が出ます。
スイッチで出したり止めたりできるので6分間あれば十分に体を洗うことができます。

さっぱりして自室に戻りしばらくは車窓の景色を楽しんでいたのですが
ただでさえ暗いのに雨粒が窓にあたり景色がぼやけでしまうので
仕方なく就寝することにしました。
ところが、揺れや列車のモーター音などはそれほど気にならないのに
窓に叩きつける雨音が気になって中々寝付くことができませんでした。

それでもふと目がさめるとそこは大阪で、
雨も上がり再び車窓の景色に囚われました。
暗い中にもポツンと家の明かりが見えると
ついどんな人があそこにいるんだろうとか、何をしているんだろう
などと思いをめぐらしてしまいます。

神戸を過ぎ、明石海峡大橋が見えた後でまたしばらく眠りにつきました。

再び目が覚めると岡山の少し手前付近でした。
徐々に空が明るくなり景色の様子も大阪、神戸のあたりとは全く違うものになっていました。
kagawa07.jpg
岡山に着いた所で瀬戸号と出雲号を切り離し
瀬戸号はいよいよ高松に向かって瀬戸大橋を渡り四国入りします。
kagawa08.jpg

kagawa09.jpg
瀬戸内はいいお天気で海も穏やかな様子です。
坂出に差し掛かる頃には四国特有のとんがった山が目に入り
「あー四国に来たんだなぁ」
としみじみ思いました。

そして定刻の7時26分に高松駅に到着です。
kagawa10.jpg
これより『香川うどん巡り』第一日目としてレンタカーを借りての行動です。

○サンライズ瀬戸
東京~高松 シングル個室 \21,510


テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

【駅弁:東京駅】極附弁当
いよいよ22時東京発のサンライズ瀬戸に乗って香川うどん巡りに出発です。
が、その前にある物を受け取りに東京駅5号売店に向かいます。
この旅の景気付けにと、
以前から憧れの東京駅限定『極附弁当を』を奮発することにして予約してあったのです。

5号売店で名前を告げ、お弁当を受け取ります。
極附弁当はロゴをプリントされた専用の紙袋に入れられて渡されます。

列車の個室に落ち着いて、早速紙袋からお弁当を取り出すと
きれいな紫色の風呂敷に包まれています。
kagawa03.jpg
そして包みをほどくと・・・
kagawa04.jpg
歌舞伎絵が施された掛紙のかかった二段重ねのお弁当が現れます。
蓋を開けてお重を並べると、駅弁とは思えないほど豪華な中身です。
kagawa05.jpg
お品書きもついていて、まず一の重は
 錦子射込み(干しなまこに魚のすり身を射込み蒸した物)、煮物(牛蒡・人参・里芋)、花人参、
 花蓮根、日向鶏の柚香焼き、ごまゆべし、こんにゃく煮、天然岩海苔(ふかひれ入り)、蛎旨煮、
 本ずわい蟹の菊花和え、栗渋皮煮、車海老艶煮、黒豚の味噌漬け、木の葉南瓜、
 穴子八幡巻、烏賊呂焼き
二の重は
 ご飯、地尤卵使用卵焼き、しめじ旨煮、梅干し、瀬戸内床節旨煮、甘鯛若狭焼き、蒲鉾、
 竹の子土佐煮、白舞茸の天ぷら、初地神酢漬け
と、言うラインナップ。

お弁当箱は経木が使われ、岩海苔や菊花和えは陶器の小鉢に入っていて
プラスチック類は一切使われていませんでした。
中身は然ることながら、かけ紙や風呂敷にもこだわりがあるスキのないお弁当でした。

どのオカズも上品な味付けで駅弁ではなく、料亭のお弁当の様。
ただ量は十分なのですが、ご飯大好きな私には
オカズに対してご飯の量が少し少ないかなぁと言う感じでした。
もうちょっとご飯が入ってたらパーフェクトだったのになぁ。

とは言え、非常に満足して旅のスタートを切ることができたのでした。

○極附弁当
㈱日本レストランエンタプライズ
℡ 03-3213-5848

一年なんてあっと言う間だ
明日、仕事が終わってから夜行寝台で香川に向かいます。

ちょうど去年の今頃『でぶや』の香川編の見ていて
子供の頃からの讃岐うどんとコンピラさんへの憧れを刺激され
「よし、来年香川に行くぞ!」と決め、
いよいよその日は明日と迫ってきました。
あっという間に一年たっちゃいました。

うどんやコンピラさんはもちろん楽しみなんだけど、行きの夜行寝台も楽しみ。
私乗り物に乗るの大好きなんだよね♪
現地での一日目はレンタカー借りるから運転もできるし
あー、楽しみ。

浮かれちゃって、今夜寝られるかなぁ?

まぁそんなわけで、明日の夜出発で二泊三日で香川に行ってきまーす。
帰ってきたら写真をアップするのでお楽しみ~♪


すっごい気になる
土曜のこの時間、なんとなーく「チューボーですよ!」をよく見るんだけど
見るたびにいっつも気になるのが
番組の最初のほうで料理のコーチをする料理人達を紹介するコーナーで使われる音楽。
なんかいつもバリバリのヘヴィメタルが流れるんだけど
これがモロに私好みな曲ばっがりなんだよね。

でもアーティストや曲名が表示されるわけじゃないから
なんていうバンドのなんていう曲なのか全然わかんない。
そんな中でたまに知ってる曲なんか流れるとめっちゃうれしくてテンション高くなっちゃうw

割と最近テレビ番組のBGMでヘヴィメタルが使われるのが多いんだけど
「チューボーですよ!」で使われる曲はほんとツボなんだよなぁ。
番組のHPに使用した曲の一覧とか表示してくれるといいのにな。


テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

太平燕(タイピーエン)
今日は熊本名物の太平燕を作ってみました。
070907-1.jpg
早い話が春雨バージョンのタンメンなんだけど、
最近春雨ばっかり食べてるな・・・

でもこれなかなかいいです。
中華麺のタンメンだとモタモタ食べてると麺がのびちゃうけど
春雨だと中華麺ほどのびないからゆっくり食べられるよ。

作ってみたら思ったより簡単だったし、また作ろう。

でも一度、本場熊本で食べてみたいなぁ。


テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

環境に優しい洗剤 『エコリリース』
なんか、良い洗剤みつけました。

mixiでコミュ巡りをしていて環境に優しい洗剤のコミュを見つけたのがきっかけなんだけど、
環境に優しいと謳っている洗剤って調べると
結構色々売っていることは売っているんだけど
意外に環境に優しくない成分が入っていたり
添加されている成分等が不透明だったりするんです。
この会社は実に細かい質問にも回答し
成分などもオープンにしているのが好感がもてたのです。

そこでサンプルを送ってもらい
ずっと放置してた油でギトギトのデロデロになった換気扇掃除に使ってみたところ、
簡単に、しかもきれいーに油が落ちるのですよ!

しかも普通は換気扇掃除に使ったスポンジは掃除のあと
洗剤を使って洗ってみてもベタベタが残ってしまって
二度使おうという気にはなれず一回使い切りで捨てていましたが
エコリリースを使ったスポンジはベタベタすることなく
まだまだ十分に掃除に使えそうなので捨てずとってあります。

また、よく汚れが落ちる洗剤は大概使用したあと手がガサガサになるんですが
これはそういったこともまったくありません。
(そこんところは人によるかもだけど)

さらにこのエコリリースは用途に合わせて薄めて使えば
家中のお掃除に使えるんです。
薄めた溶液でテレビやパソコンの画面を拭くと
ホコリがつきにくくもなります。

なにより「エコロジー!」と意識しないで普段使できるところが魅力です。
今ならサンプルも送ってくれるようなので
興味のある方は一度試してみてください。

エコリリース・パウダー無料サンプル[送料無料!]お一人様一回限り☆【ニッポン丸洗い エコリリース ネットショップ】エコリリース・パウダー無料サンプル[送料無料!]お一人様一回限り☆
0円

まずは無料サンプルでお試しを!この効果、実感してください!
Ads by STMX



テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

ゴーヤーの味噌炒め
昨日のゴーヤーが半分残ってたので、今日はそれを味噌炒めにしてみた。
070901.jpg
ゴーヤーと豚、豚と味噌、相性のいいものばっかり使ったからおいしいー。
ゴーヤーに苦味があるから味噌はちょっと甘めに味付けするのがいいみたい。

今日はこれのほかに、昨日下煮しておいたタコと大根の煮物。
一日置いたから味はよく染みてるよ。



テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ



プロフィール

まなっちょ。

Author:まなっちょ。
態度重役級お局ぐうたらOLでした。
現在無職の自宅警備員。

愛犬はな
ヨークシャー・テリアとマルチーズのMix。
人も犬も大好きなやんちゃ娘。

愛犬はなの年齢

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

FC2カウンター

最近のトラックバック

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。